メリットとデメリットをきちんと整理し、理解した上で選択する事

我がマイホームは今年で築五年目になります。両親が建てたものですが、私も概ね気に入っています。しかし、住んでみれば、やはり「もっとこうした方がよかったな」という部分は出てきます。それは仕方がないことではありますが…自分がマイホームを建てる時は気をつけようとは思っています。まずは廊下と階段です。私の家は二階建てで部屋数も六つほどあり、結構大きな家です。そのため、部屋も広々としていますが廊下や階段はちょっと狭いのです。一般的なサイズかもしれませんが、もうちょっと広い方が洗濯物や布団などを運ぶ時に楽だなと思うのです。特に一階の玄関から洗面所につながる廊下は狭く、ここは電話機を置くスペースにもなっているのですが、それを置くとかなりギリギリなのです。人は余裕で通れますが、荷物を持っている時はきついのです。もう一つは床の表面が紙でできていることです。これも今は一般的ではありますが、やはり本物の木材の方がよかったなと思うのです。木材はワックスなどで手入れをしなくてはいけませんが、表面が紙の場合は乾拭きです。たまに水拭きをすれば程度で楽ではあるのですが、こぼした水などで跡がついてしまったのです。それ以外はとても気に入っているのですが、その辺の所はやはり気に入りません。マイホームを建てる時はすべての事のメリットとデメリットをきちんと整理し、理解した上で選択する事が大切なのだと改めて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 − seven =