家づくり!我が家の三大失敗

建売でない限り、1番大きなオーダーメードの買い物です。壁紙や照明、ドアノブひとつ決めるにも選択の連続。大切なのはイメージをしっかり固めておくこと。パーツだけを見て決めるのは想像力が必要ですし、ちぐはぐになりがちです。住宅展示場などに出向いて、こんな家にしたい!こんな雰囲気が好き!と大体のイメージを決めておくと失敗が少ないし家づくりのテンションとモチベーションが上がります。

ここで参考までに茨城の我が家の失敗を3つご紹介します

ひとつめは、風呂と脱衣所の暖房をつけなかったことです。後付けするには結構な工事費用がかかります。高齢になってきた両親のことを考えると風呂と脱衣所の暖房は必須でした。

ふたつめは、二階のシャワールーム。誰にも使われず、今や物置と化しています。欲しい設備は初期段階で盛り込み、そこから生活をイメージしながら不要なものを削っていくのが建設的ですね。

みっつめは、意外と見落としがちなドア。玄関ドア、部屋のドア、トイレのドアと家にはドアがたくさんあります。右開き・左開きの確認は絶対に怠らないでください。動線を邪魔したり使いにくかったりと残念ポイントになりがちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 + 15 =